かちがわ通信

春日井市勝川発のまちづくり情報発信中!! 自立分散型、みんなでやらないまちづくりに取り組んでます

子供は宝です

瑞浪の中学2年生の女子生徒が自殺した事件は、大きく広がりを見せています。
「いじめがあった」とする父母と「自殺につながるいじめはない」と釈明する学校側とで真相をめぐる激しい言い争いが報道されていますが、この種の事件が起きるとマスコミは一斉に犯人探しが始まり、これこそ「いじめ」と思われる論調に終始します。昨今の「負」の連鎖の背景に、マスコミの存在があるのは確実です。

確かに、学校側の対応のまずさは目を覆いたくなるものがあります。責任の取り方を知らない校長の言葉には、腹立たしささえ感じます。まず、事実関係をしっかり把握し、原因はどこにあったのか、再発防止にはどうしたら良いのか・・真摯に捕らえる姿勢を見せることが重要だと思います。
三流の企業が不祥事を起こしたような記者会見でした。何を守っているんでしょうね。あの雪印事件の経営者の顔が頭に浮かんできました。

また、反面、真相がわからない状況での話としてもらいたいのですが、こういった事件の背景には、最近の子供たちの「ひ弱さ」「未熟さ」があるような気がしてなりません。核家族の中で、大事に育てられ保護された子供達は、社会での対人関係、競争力が著しく低下している気がします。われわれの時代でも、今ほど陰湿な感じはなかったような気がしますが、この手の話はありましたよね。

その当時の価値観と大きく違っているのは理解できますが、この対人関係の未熟さが、同じことを言われても、これを受け止めるだけの「こころの体力」が出来ていないため、自分の中で容認できない・・キレル・・反抗心の極端な表現方法として自殺する現象に結びついているような気がします。これは勿論学校の問題でもありますが、むしろ家庭での教育に問題があることは以前から指摘されています。

今回のご両親の言葉は、学校側にいじめがあったのか、なかったのかが論点になっているようですが、報道で見る限りあったと思わざるを得ませんが、仮にいじめが合ったとして、思春期の子供の心がどうして自殺に向かわざるを得なかったのか、学校も両親もPTAもマスコミもわれわれを含めて全員で考えるべきだと思いますがいかがでしょうか。

とにかく、この様な悲劇が二度と起こらないよう・・負の連鎖にどこかで歯止めをかけないと、大変なことになります。子供は宝です。

ランキングに是非ご協力を↓
ブログランキング