かちがわ通信

春日井市勝川発のまちづくり情報発信中!! 自立分散型、みんなでやらないまちづくりに取り組んでます

第105回かちがわ大學

f:id:t-mizuno:20180420120430j:plain

かちがわ大學が始まる前に一枚。何とも言えないバランスのとれた構図に自画自賛です(笑) さて、今日のかちがわ大學は「笑顔の力で社員が成長し業績があがる環境を」講師はフラフィ・スマイルクリエイト代表の大竹由美子さんです。初対面でも共通項を探る事で笑顔になれ、兎に角笑顔を意識することで人間関係や職場の雰囲気を変え結果として業績に繋がり生産性も上がるという内容を実例を交えてお話頂きました。

商業・サービス業の生産性向上については、会頭からの指示もあって色々と考えていますが、今日のようなメンタルから考える側面と、IOTやAIなど作業の効率化を考える側面、さらにもう一つは付加価値から考える側面の3パターンがあると思います。それぞれ大切な切り口だと思いますが、突き詰めて考えていくと、どうしても日本人的本質(マインド)に行きついてしまいます。

以前マクドナルドが「スマイル0円」とPRしていましたが、スマイルの裏側にあるコストは0円ではありません。この付加価値を価格に転嫁できれば、ある程度生産性の向上につながるのではと思いますし、言葉を変えれば高品質の商品は高価格であるべきと同じ理屈ですが、デフレマインドが染みつき、サービスに対してお金う習慣の無い日本人には中々ハードルが高い問題です。

能力は世界6位なのに労働生産性に関しては世界20位とか言われているそうです。「高品質・低価格」「滅私奉公」「自己主張しない謙虚さが美徳」「共存共栄」等々日本人が持つ本質(マインド)が、活かされつつ生産性向上が出来ると良いのですが、答えが見つかりません。やはり、デービットアトキンソンが言うように出血を伴う日本経済の再編が必要なのかもしれませんが・・・

リアルとバーチャル

f:id:t-mizuno:20180418075209j:plain

趣味:映画鑑賞なんですが、殆どネットの配信サービス。社員が帰ってから一人でクールダウンを兼ねて「ぼ~~と」見ています。まあ、こういう時間も必要だと思っていますが、中にはいろんな意味で気になる作品に出会う事もあります。このVR(ヴァーチャルリアリティ)ミッション:25もそう。内容は8人のゲーマーがビルの中でゲームと現実をリンクしながら進むという、こんなこと言ってはと思いますが映画としては壊滅的な駄作でヤマも落ちもなく観終わった後ガッカリしました(笑) しかし、AI(人工知能)とこのVR(仮想現実)、オジサンにはこの分野のイメージが中々理解できない事を考えながら観ると「ああッこういう事か」程度の参考にはなりますネ 決しておすすめはしませんが機会があればご覧ください。まあ、最近はネット上でのやり取りや作業が多くなっていますが、やはり大切なのはリアルな現場であったりします。このバランスを気を付けないとおかしくなりますよね。要注意です。

 

市政要覧

f:id:t-mizuno:20180414111241j:plain

新しくなった春日井市の市政要覧です。市政要覧と言えば市のパンフレットなのですが随分立派なものが出来ました。市のHPからもDL出来ますので、ご関心のある方は是非ご覧ください。

www.city.kasugai.lg.jp

この市政要覧の13P、まちの活性化のページに写真付で出ています。正直こんな大きな扱いで良いのか本人がビックリしています。シティプロモーションは地域の魅力を伝えイメージアップを図る事が目的・・まあ、私が出たいと言った訳ではありませんので一切の苦情は受け付けません(笑)

4月と言えば人事異動

今年のヒノキ花粉の飛散量は例年の43倍!だそうです。4月に入り一気に悪化し夜も咳が止まらず最悪w ついに今週初め病院に行きましたが「ここへきて同様の症状で来られる患者さんが一気に増えた」そうです。後一か月5月の連休過ぎまで飛ぶそうですから憂鬱な日が続きます。

さて、4月は人事異動の季節です。市の会合に参加すると新しく配属された人が挨拶に来られます。定期的な人事の再編成は、行政という組織の健全性と普遍性を担保する意味でも必要不可欠なんだろうと思います。しかし、いつも思うんですが、一部の専門職以外の職員の主体的な知識は蓄積されることなくどんどん消費されていきますよね。どんな組織でもノウハウは組織に蓄積されるのではなくその組織に帰属する個人にあると思っていますが、本来目的を共有するメンバーが掛け算式に成果を出そうとする民間とは違い、行政においては個人の力より組織としての普遍性を担保する力が圧倒的に強く、逆にそこが組織としての凄みに繋がっているのかも知れません。しかし、この仕組みがどこまで維持できるのか、時代は少しずつ動き始めています。

サボテンフェア&グルメ王座決定戦

f:id:t-mizuno:20180407214653j:plain

第18回サボテンフェアーと第3回春日井名物グルメ王座決定戦の開会式で、主催者(春日井観光コンベンション協会)を代表して松尾会長の代わりにご挨拶をさせていただきました。例年より1週間ほど遅いせいか「桜」は終わり、しかも昨夜来の雨が残り寒いいち日でした。ただ、青年部の連中や約50件の出店者の気合はやるき満々です。私は仕事の関係でセレモニー終了後すぐに戻りましたが、今日の様子はどうだったんでしょうね。昨年は6万人もの来場者があったビックイベントです。期待しています。

伊藤太市長を励ます会

f:id:t-mizuno:20180406074739j:plain

伊藤市長4期目への激励会です。3期12年と言いますが、1000人以上の支援者をサクッと集める人気と各界の代表がここまで集まる実力は凄いの一言!流石だと思います。会場内である人が「31万都市で無投票では少し寂しいけど」と言っていましたが、ただ、ここから無投票を避けるだけの意味で出馬する人がいるなら、時間とお金の無駄なんでしょうね。いまのところ対抗馬については不明とのことですが、やれば一定数の批判票が出るのは分かっていますし、18歳が選挙権を得て初めての市長選ですから、それなりの意義もあるのかもしれません。いろんな考え方があります。。

むしろ個人的な関心事は、伊藤市長仕上げの4期目という部分。いままで選挙という関門があったため言えなかったり、手が付かなかったことが、ひょっとしてあるのではと選挙後に機会があればお話を伺いたいと思います。いずれにしても地方創生、改革と創造は終わりのある話ではありません。未来永劫、誰かが意志を引き継ぎ進めなくてはいけません。今回の選挙、さあどういう意味を持たせるのか注目です。

グルッポふじとう開所式典

 

f:id:t-mizuno:20180401112115j:plain

旧藤山台東小学校をリノベした施設「グルッポふじとう」の開所式に出席。素晴らしいお天気のもと、生まれ変わった校舎の前庭で、沢山の来賓、関係者、一般来場者が参加して行われました。写真は伊藤市長の挨拶なんですが、市長の思いがご挨拶を聞いても伝わってきます。

f:id:t-mizuno:20180401112203j:plain

また、市政アドバイザーの中部大学の服部教授からも「高蔵寺の再生計画で初めてのハードが完成し形になった事」「ここを拠点に多世代が共生し交流していかなくては」とのこちらも思いがこもった挨拶がありました。こういう施設は、一人でも多くの思いがある人が居るという事が大切です。f:id:t-mizuno:20180401112251j:plain

f:id:t-mizuno:20180401165211j:plain

式典後、館内を案内してもらいましたが、ここは一階のコミュニティーカフェです。前庭に向かった窓が開放出来る設計で天気の良い日や、夜の音楽イベントなどかなり使い勝手が良さそうな作りになっています。

f:id:t-mizuno:20180401112321j:plain

ここは2階の図書館の受付。名前は忘れましたが業務委託されているとのことでした。兎に角、三階の貸し会議室(教室)に小学校時代の面影を残していますが、リノベーションというより、ほぼ全面的なリニューアル、ビックリするくらい綺麗な施設に生まれ変わっています。指定管理を委託された高蔵寺まちづくり株式会社の関係者は「これからが大切」と口を揃えていましたが当然です。単なる公共施設として運営するならまちづくり会社は不要です。商工会議所としても出資していますので健全に運営されるよう見守って行きたいと思います。

f:id:t-mizuno:20180401112613j:plain

式典が終了し館内を見学している内に前庭にはイベントブースが並んでいました。こういった活用はどんどんすべきだと思います。私はいままで何度か会議では図面を見たり説明を受けましたが、この場所に実際立つのは今日が初めて。思った以上に素晴らしく、また、学校という特殊な空間は、まちなかの様な制限が無いだけに魅力的ですね。この施設を活かすも殺すも「人」次第と強く感じました。

キャッシュレス社会の構築・スマホで決済

f:id:t-mizuno:20180330082517j:plain

先月のかちがわ大學に続き「キャッシュレス社会の構築・スマホで決済」(主催:市商連)今回は春日井商工会議所で開催です。前回に続き早稲田商店会顧問の安井さんとNIPPONPAY代表の高木さんにお越しいただきました。春日井市商店街連合会では先週の代表者会でNIPPONPAYと協定書を結ぶことが決まりましたので、具体的な話しや突っ込んだ内容の質問も沢山出ていました。高木さんの話の中で「タブレットを無償で配布し乗っているサービスすべてを一年間無料で提供」というものですが「何故無償でサービス提供できるのか?」「じゃ~一年後は?」という質問には「リースバック方式」と返答、また、クレカの手数料等が一年後にどうなるのか予想が付かないため「一年後に判断します」との回答。多分ある程度の費用負担は出てくるものの「一年間使ってみて使えそうなら、そのまま使ってください。不要ならキャンセルでも構いません」という事でした。決済方法もクレジット、電子マネーQRコード等色々ですし、最近は新しいサービスや技術が日々更新されていきますので、どの時点で切り取って理解するのか逆に困りますよね。いずれにしても思考停止でガラパゴスにならないよう、前に進みたいものです。

全国高等学校剣道選抜大会

恒例の高等学校剣道選抜大会の季節がやってきました。昨年から出場校が増えた関係で前日に開会式を行っています。お陰で参加できるようになりました。高校野球は36校(男子だけ)高校剣道は128校(男・女)とは伊藤太市長の話。いずれも各県を勝ち抜いてきた精鋭です。

f:id:t-mizuno:20180329085928j:plain

凛とした雰囲気の中、選手入場! 今日からの熱戦に期待です。

f:id:t-mizuno:20180329090912j:plain

全国から選手、関係者、父兄、観客を迎える春日井の桜は、ほぼ満開!です

f:id:t-mizuno:20180329085953j:plain

まぁええがや栄

昨日、食味研修会でご一緒した蔦茂の深田さんが出演される「TOKYOディープ-NHK」3月26日19:00~ BSプレミアムで放送されます。普段は東京情報だそうですが、NHK名古屋のディレクターに話をし実現したとのこと、生まれも育ちも住吉の深田さんが栄の奥深くを紹介するという「NAGOYAディープ まぁええがや栄」楽しみです。
さて、この深田さんから10年ほど前、栄地区推進協議会で話をと言われ、今考えれば赤面するような重鎮の皆様を前に再開発事業を始めとした勝川の取り組みについて紹介させていただいたことがあります。(確か刈谷のカリヤンナイトのコンサルの先生も一緒だったような・・・)当時は、名駅周辺の開発に対し相対的に地盤沈下が始まっていた栄地区に危機感をお持ちで、将に栄の旦那衆が深田さんと一緒になって奔走されていました。その時、記憶に残っているのは「暴〇団を一掃したい」という言葉。昨日聞けば、中心になって活動していた店舗が放火されたこともあったそうです。しかし徐々に効果も表れ、少しずつですが栄地区復権の兆しが見えてきたと言われていました。この間、栄ミナミ音楽祭や矢場公園のスケートリンクなどのイベントも仕掛けられています。いろいろお話を伺う中で、違和感があったのは、やはり名古屋を代表する中心街です。勝川のように事業で収益を出しつつ街に投資するスタイルとは違い、大手企業などのスポンサーが桁違い。質量ともビックリします。ただ、規模は違えど共通して言えるのは「我事としてまちを思い、地域の利益を最優先出来る」人の存在があるという部分、どんなまちづくりでも外せないところです。

河豚「ふく」=福

CN55周年無事終了しましたが、流石に3日連続の宴席は堪えます(-_-;) 会長、幹事は気苦労もあるので、多分グッタリされているかもしれませんが、いずれにしてもみなさん本当にお疲れ様でした。

さて、私はといえば、昨日は定休日だったんですが、午前中仕事をし、午後からは会議所で会議をふたつw 今日も県料理組合の食味研修会&役員会ふたつです。

f:id:t-mizuno:20180320213839j:plain

今日の食味会は錦の可ん寅さん、言わずと知れた「ふく」の名店です。以前は店の前を通るだけで敷居の高さを感じていましたが、数年前に新築され趣も変わっています。なかなか伺う機会も無かったんですが、流石の料理には圧倒されます。

今回珍しく高校の先輩の深田さん(蔦茂さん)が出席され偶々隣席でしたので、栄のまちづくりなど色んな話を伺う事が出来ました。下の写真は「帰りに見て!」と言われた噂の宗春ポストです。美味しい料理と楽しい話であっという間の二時間・・3時からまちづくり勝川の役員会がありましたので雑炊まで頂き泣く泣く早退です。

f:id:t-mizuno:20180320231633j:plain

CN55周年記念式典

f:id:t-mizuno:20180318082326j:plain

いよいよ一年かけて準備をしてきたCN55周年記念式典&懇親会です。写真は緊張の面持ちで挨拶する澤田会長。伊藤市長、長谷川議長、松尾会頭始めライオンズ以外のご来賓をはじめ6Rの役員、各クラブの役員、姉妹クラブ、友好クラブなど約120名の出席です。立派な記念誌も出来ています。

f:id:t-mizuno:20180318082359j:plain

式典に先立ち、春日台特別支援学校の生徒さんとノーチェ&モンテによるコンサート。特に春日台の生徒さんは学外で披露するのは初めてということでしたが、この日に向けて練習を重ね素晴らしい歌声を披露してくれました。

f:id:t-mizuno:20180318093826j:plain

ノーチェ&モンテのノーチェ穴澤さんは全盲のバイオリニスト。NHKのラジオ番組のテーマソングを作曲されるなど幅広いジャンルで活躍されているそうです。会場と一体になったリズミカルな演奏は素晴らしいですネ  テキ~~ラ!!

さて、この周年記念行事は5年毎に開催し周年ならではのアクティビティも数多く実施されます。今年は、愛知県コロニーへの医療器具を始め、春日井市総合体育館へデジタル案内板、春日井市防犯協会へ防犯カメラ、南三陸志津川中学の新入生に通学鞄の寄贈活動に加え、献血、清掃活動などの労力奉仕など、総額1千万円超の事業を行っています。それぞれは各委員会で準備していくんですが、これだけの事業を統括する会長、幹事の気苦労は大変! 本当にお疲れ様でした。

f:id:t-mizuno:20180318082431j:plain

懇親会終了後は、姉妹クラブの長安LC、友好クラブの南三陸志津川LCのメンバーと市内のパブで二次会。いや~皆さん本当に歌が上手いですね。ビックリしている内にいつしか夜は更けていきました(ー_ー)!! 写真は南三陸小林旭こと及川さんです。

姉妹クラブ締結30周年

f:id:t-mizuno:20180317074750j:plain

今日の春日井LC CN55周年式典に参加するため台北長安LC16名が来春。今年は姉妹クラブ締結30周年ということで、昨夜グランドティアラ春日井で開催の式典&歓迎会に参加です。

f:id:t-mizuno:20180317075419j:plain

懐かしい顔が並びましたが、中でも元ガバナーの顔志發Lは締結時からのメンバーですから春日井Lにも友人が多く、私も45周年の招聘のため台北に伺った時は大変お世話になった方です。今年83歳になられるそうですが、まだまだお元気で、堪能な日本語で挨拶されていました。最近は翻訳アプリも色々ありますので、メンバーとはメンバーとはスマホを介しての会話(笑) 若いメンバーは片言の英語ですが、今回は幹事が素晴らしいケーキを用意してくれたので一気に盛り上がりました。流石です。

f:id:t-mizuno:20180317080149j:plain

青年部三月度総会

 

f:id:t-mizuno:20180315085335j:plain

午後からのかすがい魅力づくり委員会の後、仕事を挟んで夜にはプラザ勝川で開催の青年部三月度総会に出席です。先日の会議所の総会でも議決いただきましたが、次年度の重点項目は「働き方改革」と「生産性の向上」商業サービス業担当の副会頭ですから、いろいろ意見を言わさせていただいていますが「お前の生産性は?」と言われると返す言葉ありません(-_-;) 最悪ですw

f:id:t-mizuno:20180315085430j:plain

お役目ですから挨拶をさせていただきましたが、どうも疲れのせいか呂律が回らなく言うべきことを2つほど忘れています。

f:id:t-mizuno:20180315081022j:plain

今回初めて青年部からの提言書を頂きました。内容は会頭他関係部局に伝えさせてもらいますが、こういった提言書は、夢を語るのかピンポイントでリアリティを持たせるかの二つに一つ。随分前ですが、春日井JCの提言を目にしたことがありますが、そこには県営名古屋空港(当時は名古屋国際空港)から空港線・国道19号を経てモノレールをという内容でした。また、リアリティを持たせるならファクトが大切です。キチンと事実を調べることが大切です。いずれにしても、今後とも毎年出す事が肝心だと思いますが、出すことが目的では本末転倒。そういう意味でもだんだん精度も上がってくるんでしょうから期待しています。あと、約120名の会員数で出席は7~80名。我々の現役の時にも「寝たら死ぬぞ」という名言がありましたが、古くて新しい問題なんでしょうね。

メンテナンス

f:id:t-mizuno:20180314075933j:plain

本店の塀のメンテナンスです。早いもので移転して16年が経過。冷蔵庫などの機器類は10年を過ぎた辺りから入れ替えが始まり毎年大きな出費がかさんでいますが、そろそろ本体もメンテが必要な時期になってきたようです。この塀は、私が外から格子越しに中の様子が分かるようにとデザインしてもらいましたが、格子の下に水が溜まり腐り始めて危なくなったのでカワイ建築にお願いしました。ここは勝川小学校の通学路にもなっていますので倒れたら大変なことになります。

まあ、ある意味、こういった類はメンテさえしておけば大丈夫なんでしょうが、体の方はそうはいきませんね。今年の寒さは結構体に堪えたのか、私の周囲でも亡くなられる方が多いような気がします。兎に角「体に良い」事は一切しておらず、65歳になると案内が来る肺炎球菌のワクチンも今月まで←早く行けよ(-_-;) 人間ドックも行かなきゃw←早く行けよ(-_-;) 今まで大病を患った事が無いため、全く根拠のない自信でここまで生きてきましたが、そろそろ大幅なメンテが必要かも。。。