かちがわ通信

春日井市勝川発のまちづくり情報発信中!! 自立分散型、みんなでやらないまちづくりに取り組んでます

119回かちがわ大學

f:id:t-mizuno:20210806103905j:plain

119回目のかちがわ大學。今日は東京から株式会社ライトアップの窪木安明さんに来ていただき助成金の話です。補助金経済産業省助成金厚生労働省の管轄。補助金は採択率も低く採択されても100%補助はありませんので自己資金が必要になります。一方助成金は100%ですから、助成金を取りに行ったほうが効率が良いとのことでした。ライトアップでは簡単に自己診断ができるサイトを構築し、だれでも数字を打ち込めばいくらもらえるか簡単に診断ができるようになっています。そのうえで実際の申請のお手伝いをしてもらえるそうです。ご興味のある方は是非活用ください。

f:id:t-mizuno:20210806215634j:plain

また、コロナはピンチではなく考えようによってはチャンスとも言えます。少し先の状況を考えて欲しいともいわれていました。

7月度第一例会

f:id:t-mizuno:20210725122424j:plain

春日井ライオンズクラブ7月第一例会です。先週末献血アクティビティはありましたが、実質吉見新会長のデビュー例会。緊張感の中にもメリハリの利いた内容は、青年部、倫理法人会で鍛えられただけあって流石です。このところ開始時間が変更になり11時スタート。仕事の関係でこの時間だと中々調整が難しいので大変ですが、コロナ渦があけるまで辛抱です。

f:id:t-mizuno:20210725123137j:plain

また、春日井さくらライオンズの坪井会長と春日井中央ライオンズの前田会長が表敬訪問されています。各クラブとも運営に苦慮されていますが、いつも言うように知恵を出す事が大切で一番良くないことは思考停止になること。ライオンズクラブの存在意義も含めて、こういう状況の中で何が出来るのか各会長の手腕が試されます。

救える命が救えない

f:id:t-mizuno:20210725102123j:plain

ライオンズクラブは7月から新年度になります。ということで吉見新会長最初のアクティビティ、小野町のバローで開催の献血運動に参加してきました。年齢はギリギリOKなのですが、血圧を下げる薬を常用しはじめ、医者からは「献血は出来なくなります」と言われていましたのであきらめていましたが、案内看板には降圧剤でも種類によって大丈夫とのこと。次回は確認して挑戦したいと思います。献血回数ジャスト30回×400㎖です。活動と言っても最近は年齢も上から数えた方が早くなりましたので、若いメンバーの邪魔をしないように看板を持って声を掛ける程度です。担当の方にお聞きするとコロナの影響でここ一年は献血に協力いただける人が少なくなり医療現場は大変なことになっているようです。「救える命が救えない」コロナのまん延防止もさることながら大きな問題だと思います。

延々と会議は続きます

f:id:t-mizuno:20210709183513j:plain

11:30集合、正副会頭会議の前に、R19沿いに10月中旬オープンするイーアス春日井の設置者と運営者の方がご挨拶に。今日開店した守山のコストコが深夜2時半から渋滞が始まり早朝5時半開店にも拘らず周辺の道路はマヒ状態で、幼稚園の送迎バスも時間通りに動けずFBには苦情の嵐....という話をさせてもらいました。イーアスに関しては開店前にプレオープン日を長めに設け、一気に人が集まらないようにするようです。とはいえ新規開店にはどうしても人は集まりますよね。コロナの件もあるので配慮をお願いしておきました。

さて、正副会頭会議には、今回から特別常議員として愛知電機のSさんが加わりました。今期まで愛知電機の社長を務められ現在は相談役になられた方です。午後2時からは、大会議室に移動し7月度の常議員会。こちらもハイブリッド開催となっています。今回から新しい常議員としてHさんも加わりました。組織には新しい血が必要です。

また、常議員会には市長以下企画政策部長と産業部長が参加され令和3年度の施策について説明がありました。子育てから始まり順番に説明されましたが、経済関係は6番目、それもインター周辺の企業誘致と観光基本計画の策定(これは観コン協からの要望で重い腰が上がったんですが..)、サボテンのみ。まさかとは思いましたが、これではダメです。会議所としてもっとしっかり意見を伝えなくてはと痛感しました。特に企業誘致の関係は、物流センターではなく基盤産業、つまり外貨が稼げる製造業を誘致して初めて地域の活性化が実現できると考えています。これは製造業だけではなく、たとえば商業・サービス業でも同じで地域内で資本が循環する業種=非基盤産業に集中すると全体のパイが広がらないからです。さらに地域が抱えるデジタル化(DX等)の課題も将来の春日井を考えていくうえで重要なテーマ。いつも言っていますが、これから先、春日井市が何で食っていくのかと言う部分での創造力というかデザインが描き切れていないのが大きな問題だと思っています。
常議員会終了後午後3時半からは青年部の新役員との懇談会です。今回は自己紹介を割愛させ事業についての説明も出来るだけ短時間でとリクエストを出しておきました。青年部から親会への要望や質問事項を中心にとも言っておきましたが、なかなか嚙み合わないところも出てしまいます。最後に〆の挨拶をさせていただきましたが、日本商工会議所の月刊誌「石垣」の名前の由来を紹介しました。これは青年部2代目会長の桑原さんからの受け売りですが、地域と言う城を築くには強固な地盤つまり石垣を築くことが重要。しかし、この石垣は大きな石や小さな石だけでは築くことが出来ない。つまり商工会議所と言う組織は、大きな企業と中小零細がしっかり隙間なく組まれることが大切だ」という話です。ほぼ6時間に亘る会議の連続はホントに体に堪えます(汗)

観光コンベンション協会総会

f:id:t-mizuno:20210709132638j:plain

写真のイヤープレートは前会頭で前観光コンベンション協会会長の松尾さんから頂戴いたしました。「昨年の総会は書面決議のため会長を交代した実感がなく申し訳なかった」とお手紙が添えられていました。恐縮至極です。早速、我が家のリビングに飾らせていただきました。
さて、今日はその総会日です。本来は約一か月間に予定していたのですが、緊急事態宣言中でしたので今日まで延長することにしました。2年連続の書面審議を避けるためです。

しッしかし

やっちまいました! まさか開始時間を間違えるとは。。。

1時半からと思い込み1時ごろ出たんですが、車に乗った途端事務局から「まだですか?」の電話が。最近、本当によくあることで一旦思い込むと上書きが出来ない
10分弱、皆さんをお待たせしてしまいました。スミマセン(大汗ッ)

第106回通常議員総会

f:id:t-mizuno:20210709125945j:plain

正副会頭会議、常議員会に続き第116回通常議員総会、ホテルプラザ勝川で開催です。最近は当然の様にハイブリッドでの開催ですが、来賓なし懇親会もなしの総会の味気なさも慣れては来ました。6月は決算総会ですので事業や決算の承認と一部議員の変更等を議決して終了。やれただけマシなのかもしれません。明日は観光コンベンション協会の総会です。

JR春日井駅「うち呑みスタンド」

f:id:t-mizuno:20210709124610j:plain

今日から緊急事態宣言後の夜営業を再開(20:00まで、酒類は19:00まで)しましたが、引き続き「まん延防止」に移行していますので、なかなか消費者のマインドは戻らないですね。ということで、酒のうかいさんから誘われ春日井駅自由通路での”うち呑みスタンド”にも出店。一応コンベンション協会の主催とはなっていますので覗いてきましたが、前回同様、やはり「食」は強いですね。電車が来るたびに改札からドッと人の流れがあり、よく売れているようです。こちらは25日までの3日間です。

ただ、本来はこのイベントを契機に周辺にも人が流れることを想定しましたが、コロナ禍もあり、TO中心にしたため、ほぼ完結。今しばらくの辛抱かも。

2020年度最終例会

f:id:t-mizuno:20210709120517j:plain

2020-2021 最終例会

春日井ライオンズクラブ最終例会です。会場はホテルプラザ勝川。難しい一年であったことはそうなんでしょうが、悪口を書くようで心苦しいのですが、ここまで思考停止になったクラブ運営は記憶にありません。かつて3.11東日本大震災が発生した直後、クラブから200万円の義援金中日新聞を通じて拠出する決議をする理事会で、ある先輩メンバーが「金を出すだけで良いのか。こういう危機的な緊急事態に対処するために我々はバッチを付けていることを忘れるナ」と檄を飛ばされたことを思い出しました。今回のコロナ渦は世界中がパンデミックに陥り、まさに地球規模の災害といっても過言は無いと思います。それだけに、出来ることは限られてきますが、だからこそ、思考停止せず、出来ることを模索していくことが本当に大切で、これが経験と言う知見を積み上げていく唯一の方法だと考えています。実際、他のクラブやRCでは、ZOOMを使った例会でメンバーの被害状況をヒアリングしたり、医療機関への弁当の提供(これは医療に従事する人への応援もありますが、同時に影響が大きい飲食店を救うという側面もあり)、さらにはこども食堂の開設等々、考えれば考えるほどすべきことは見つかります。確かに金銭奉仕もありますが、ライオンズクラブの存在意義は、それだけではありません。次年度は、その辺りを熟知しているY会長ですので、是非、期待したいと思います。

f:id:t-mizuno:20210709122500j:plain

また、今日はJCと会議所青年部の両会長が卓話に来られていました。これらの若い力が正しい方向を向くように頑張らなくては。。我々の役目です。

江南の音楽寺

f:id:t-mizuno:20210709123146j:plain

今年は、梅雨入れが予想以上に早かったんですが、予想通り前半は晴れの日が多く梅雨の晴れ間?なんでしょうかネ 定休日なんですが夕方に仕事がありましたので、慌てて出かけてきました。去年の同時期に行った、稲沢の大塚性海寺歴史公園が良かったので、今年もあじさい寺を探し、円空ゆかりのあじさい寺、江南の音楽寺です。

f:id:t-mizuno:20210709123227j:plain

去年行った大塚性海寺歴史公園は境内に色々な場面が作ってアリ、そこに色んな種類の紫陽花が植えてあり、見応えもあったのですが、この音楽寺はそこまでの規模は無く種類も少ないような気がします。しかし、この時期は、やはり紫陽花ですね。帰りに従妹が経営している洋菓子店に寄ってみたのですが、残念ながら定休日で留守とのこと。まあ、思い付きで動くとこういう日もありますね。

ワクチン1回目

f:id:t-mizuno:20210709131147p:plain

昨日、やっと順番が回ってきました。春日井市は基本「かかりつけ医」でとの指示ですので、子供の頃からお世話になっているK医院に申し込みをしていました。予約を入れたときに「すでに500人ほどの予約があるので、日時が決まったら連絡します」と言われましたが、やはり普段から診ていただいている先生の方が安心ですので。。

予約時間に遅れてはと思い、少し早めに行きましたが、次の時間帯に予約をされている方は「駐車場か外で待ってください。予約時間ギリギリに」と言われていました。まあ、密を避けるためなんでしょうね。名前を呼ばれ診察に入ると簡単な問診の後、その場で注射。副反応などマスコミを通じての情報にドキドキでしたが、チクリとすることもなく、あっという間に終了です。約20分程度経過観察ということで通路で待機、異常なしで無罪放免です。次回は三週間後。今回は熱も痛みも倦怠感もなく全く変わらなかったんですが、2回目に副反応が出るケースが多いようなので少し心配です。

サボテンロゴ選考会

f:id:t-mizuno:20210709104302j:plain

観光コンベンション協会が行政の依頼で、改めてリスタートさせるサボテンプロジェクトのロゴを公募したため、その選考会を開催。庁内の担当者2名に加え、NPOの代表者と名古屋芸術大学のT先生にも加わっていただきました。全国からの応募総数198点(124人)。応募総数の多さにもビックリしましたが、一見してプロの作品から学生?の作品まで、事前にメールで確認し今日は最終選考です。

200点近い応募作品を見るだけでも大変ですが、ひとつ感じたのは募集するときの要綱が曖昧だと、捉え方が変わってくる点です。一口に「ロゴ」といっても、ロゴタイプとシンボルマークを合わせるのですが、どのような使い方をするのかで変わってくると思います。サボテンに関してはすでに「春代・日丸・井之助」のキャラクターは出来上がっていますので、新たにキャラクターは混乱の元になりますので不要ですよね。作品の中には、キャラクターをデザインしたものも多く選ぶ方としては残念なものもありました。各人いろんな意見が出ていましたが、決め手となったのは、使い方の汎用性。例えば色を変えたりシンボルマークだけで成立するなどの点でした。私自身は「サボテンの商品に付ける場合商品を邪魔しない事」を念頭に置きました。f:id:t-mizuno:20210709105058j:plain

<新聞記事は後日追記しました>
後日、新聞発表もされました。行政はポロシャツにプリントして関係の職員に着てもらうようですが、ホントは商品として売れるものを作らないとね。。このロゴを通じて市民の意識が少しでも「サボテン」に向くとイイです。 

三輪電動バイクシェア事業

f:id:t-mizuno:20210608193422j:plain

今回、新事業として取り組む三輪電動バイクシェア事業に関して、Future、ドコモバイクシェア、かすがいGOGOの代表の記者会見を開催。11:00と14:00の2回開催しましたが、沢山のメディアの方に参加していただけました。私は14:00の部に参加しましたが、記者会見の後には試乗会も開催。明日から、24時間でいつでも利用、返却できる電動バイクシェアが始まります。当分は実証実験という事で無料でお使いいただけます。

f:id:t-mizuno:20210608193517j:plain

COMEEETガーデンにずらりと並ぶGOGO!シェア用のアプリダウンロードや操作方法など、JR勝川駅前パレッタ勝川1階のショールームで11-17時まで、スタッフがお伝えします。是非ご利用ください!

かちがわ大学 リ・スタートです

f:id:t-mizuno:20210608075454p:plain

回を重ねる事118回、昨夜は一年ぶりの『かちがわ大学』でした。場所は改装なったパレッタ1Fのコミートブリッジ。リアルとオンラインのハイブリッドでの開催です。ZOOMも会議や打ち合わせで使う事はあっても発信側になるのは初めて、いろいろ不手際もあったと思いますが試行錯誤しながら進化していきます(-_-;)

さて、今日の講師は一年前にお願いしてあった井原慶子さんです。全自動運転について認知(センサー)・判断(AI)・行動(ロボット)の技術の進化で10年後には第二東名など三車線ある高速の一車線をトラックが繋がって走る姿が見られるかもとのこと。モビリティと通信が融合しサービスとしてのモビリティが収益を生む等々デジタル先進国フィンランドの例を交えながら話していただきました。
話を聞きながら、都市のサービスデザインについて考えていましたが、まずは、行政のガバナンスが重要だと感じます。今回「かすがいGOGO」等の情報ネットワークや地域クラウドを意識した事業を立ち上げつつありますが「まちの価値」って今までの「住みやす」さや「便利さ」も大切ですが「イノベーションを生み出せる土壌」をどう作っていくのかが、都市間競争を勝ち抜く大きな鍵になってくる気がして仕方ありません。
もちろん技術的なことは一切分かりませんが、我々前期高齢者世代は、次世代の露払いの役目に徹し、時間がかかっても地道に取り組む覚悟が必要なんでしょうネ

緊急事態宣言中の営業自粛について

f:id:t-mizuno:20210608101221j:plain

5月末までの愛知県緊急事態宣言が6月20日まで延長になりました。引き続き酒類の提供自粛と午後8時までの時短、実に悩ましい内容です。もちろん、弊店も含めてほとんどの店が自粛要請に従っていますが、中には、グローバルダイニングの様に、東京都を相手に特措法の違憲を問う裁判を起こしているケースの他「生活が出来ない」「納得がいかない」等々の理由で、通常営業しているところもあります。実は、先日、私の関係するテナントさんところに別の用事で行ったときに、お客さんが満席で酒も出しているので、オーナーにどういうことだと尋ねると「協力金ももらわない。違反金も払うので」とのこと。前提には「営業しないと生活がやっていけない」とも言っていましたが、感染拡大防止が前提なので、役員会に諮って、写真の禁止項目の(9)「安全、美観、品位の保持並びに一般賃借人の便益」に該当するという理由で、営業をやめるよう伝えてきました。その代償として営業自粛期間中の賃料を減免することも併せて伝え理解してもらいました。ただ、延長された場合は、中々難しいのかもしれませんネ。あくまで県の通達は自粛ですから、たとえば裁判になったら勝てる見込みは無いと思います。私自身、実際は酒と感染拡大の因果関係は無いと思っていますのでこれ以上の事は・・まあ、県の証明書を店頭に貼って、自粛時間以降は窓にシートを貼って光が漏れないようにブラック営業している店よりは、覚悟があって良いのかもしれません。いずれにしても昨年の自粛期間中より人流があるのは確かですね。ワクチン接種も始まりました。当面は接種率が上がって行くのが頼りなんでしょう。頭の痛い日が続きます。

店内の除菌・抗菌処理

f:id:t-mizuno:20210608080809p:plain

店内の除菌・抗菌・消臭をしてもらいました。機械はラジカセと同じくらい。黒いキャップのある所に天然素材100%の溶液(木の香りがしました)を入れスイッチON。あッその前に煙感知器は感知しないようビニールで覆います(結局作動してしまいましたが(-_-;))ランプが緑に替わると、動画のような凄まじい煙が出てきます。場所を変えながら約10分程度噴霧して、あとはエアコンや空気清浄機をONにして煙が消えるのを待つだけ(約一時間)です。(動画はFBにアップしています)

今回は親友の某旅行会社が新規事業として始めるということで宣材用の動画撮影も兼ねてデモでやってもらいましたが、開始の前の準備(片付け等々)は一切なし。後の清掃もしなくてもよく、煙ですから隅々まで行き渡ります。効果は約3ヶ月だそうです。
飲食店はじめオフィスやスクールなど人が集まるところは、予防のためにやっておいた方が良いかも。某旅行会社の社長は「スタートだで、特別料金でエーヨッ」特に「青年部関係によろしく」とのことです。